スマホ専用サイト

教習所との違いはここ!

オフィシャルブログ

ペーパードライバー運転教習は年中無休

ペーパー女性に大人気!安心ニコニコ出張教習 ペーパードライバーの為の優しく丁寧!教習
ペーパードライバー教習問合せ

ペーパードライバー教習
年中無休

スーパーニュースペーパードライバー教習放送 スーパーニュースマイカー教習放送
ペーパードライバー教習問合せ

ペーパードライバー教習
年中無休


ペーパードライバー教習 問合せ

お気軽にお問合せください!!MAIL:paperdriver@winwintool.com

ペーパードライバー実践運転と駐車と危険回避のポイント

■教習所でも最近「通行帯の中央かやや右よりをキープしなさい」と教えられます。 「センターライン」をはみ出すのは論外ですけど、左寄りだと単車やバイクなどの二輪車、時には自転車などをひっかけて危険という理由のようです。
昔は「キープレフト=一つの通行帯の中をなるべく通行帯の左よりを走れ」って習いましたね。
実際に道路は広くなり環境も変わってきましたものね。道路状況や混雑などいろいろなファクターを考慮しながらその場に合った状況判断をして安全走行が第一です。
実践では現在の道路においてキープレフト安全面を考えるとよりキープライトが安全であると考えます!
(狭い1車線道路や2車線道路ではセンターラインをはみ出さないように左寄りを走ることは当然ですね。)
左よりに走れば停車してる車/バス/自転車など障害物が多くて車線変更が多く伴います。 1車線のときはセンターライン寄りに!2車線でしたら出きれば中央車線を走りましょう。
皆さんは2車線道路の中央寄りの車線は追い越し車線と習ったはずです。しかし一般道ではそんな区別は決してありません。
安全第1です。走りやすい方を走り、左折の場合は左車線に移り、右折の場合は右折車線にスムーズに車線変更しましょう。高速道路では右側の車線が追い越し車線です、あまりにも右車線を走っていると、パトカーが後ろにいた場合は片側通行違反(追い越し車線は追い越しのときのみ使用する)となりますのでたまに左車線に戻りましょう。高速道路は左側に障害物はありませんので左側を走行しても問題ありません。注意点としてはインターなどの合流はほとんどが左からですので、合流は気をつけて下さい。合流車が来ましたら、状況をみて加速してあげるか、減速するかの判断をして下さい。あまり迷うことは余計に危険が伴います。加速するのでしたら、多めにアクセルを踏みこみ加速しましょう。

キープライト

■駐車のポイント
(外出先でのポイントは入れ易い所を探す事が大事。)

駐車

・あせらずゆっくりまずは青で囲まれた部分の体制図づくり。不安になったら必ず降りてみる。何回降りてもいいのです。慣れてくればきっとスムーズに入ります。車半分入ったらもう完璧!あとは前進して車をまっすぐ、両側の車との空きを均等にしながら調整しまっすぐバックです。後ろがどこまでかは降りて確認します。(どんなにうまい人でも同じ事をしていますよ。慣れないうちはハンドルがどっちに向いてるか分らなければ窓を開けてタイヤを見ればOK。慣れれば少し前に車を動かせば分ります。

■危険回避のポイント
危険は予知不可能です。しかし予測は出来ます!!!ここがポイント。 アクセルとブレーキの使い方に起因します。

運転

初心者の方が陥りがちな事は、先の信号が赤、数台前の車のブレーキランプがついて減速している、この先を曲がる、細い道でどこから飛び出してくるか分らないなどの時にいつまでも@のアクセルを踏みつづけるかアクセルに足を乗せている。 このような時はアクセルから足を離してAブレーキに足を添えて走行するのが安全!特に細い路地などはこの状態で走っていればいつでも止まれます。 @に足を乗せていたときの停止は1・2・3でブレーキ Aに足を乗せていたときの停止は1でブレーキ よって制動距離が半分以下で危険を回避できます。じょうずな方々は自然にこの動作をしております。

■夜間走行のポイント
夜間走行ですが、
一番気を付けなくてはいけないのが、歩行者や自転車です。夜、黒い服を着ている人や、無灯火の自転車が多いです。幾らライトを付けていても見え悪いことがあります。また、道角のミラーで見えない事も多々あります。そして、どうしても車のライトが当たっている所を集中して見てしまいがちです。夜は自ら死視覚を作ってしまう事があります。それが、ライトの当たっていない所を見逃す事です。特に夜は、帰路を急いでいるケースも少なくありません。横断歩道以外での無理な横断も多くなります。ですから、昼間の走行スピードより速度を落としての走行が望ましいと思います。また、対向車のライトです。大通りであればさほど気になりませんが、対面2車線の狭い道は対向車のライトが気になります。決して対向車のライトを直視しないで下さい。いつまでも光の余韻が目に残ります。当然、気も散漫になります。こような道路は、目線を左斜め前方に置き運転される方が良いです。じ〜と見ていてはいけませんよ!あくまでも昼間同様、視野は広く取る事を心掛け、その中で、左斜め前方を意識して下さい。また、目線を高く取る為に昼間よりも多少、背もたれを立て目線を高くすることも良いと思います。
車の運転で見えにくいのは、昼⇒朝(日差し)⇒夕方(日没と日差し)⇒夜⇒雨⇒雨天の夜の順番かと思います。かえって、夜よりも日差しに向かって走っている時の方が危険かもしれません。


ペーパードライバー教習 問合せ

お気軽にお問合せください!!MAIL:paperdriver@winwintool.com